ファーストダンス&ラストダンス

ファーストダンスとは

新郎と新婦が結ばれて初めて手を取り合い、踊るダンス:「ファースト(初めての)・ダンス」。共に歩む新しい人生の始まりを象徴します。欧米では大変一般的で結婚式になくてはならないセレモニーの一つとなっています。

これまでファーストダンスの際に踊られるのは、主にクラシカルなワルツでしたが、今日ではカップルの個性に合わせ多様なスタイルが取り入れられているようです。
最近の流行りの曲を導入し、ヒップホップなどアップテンポな曲で自由に表現するようなダンスも増えています。

又、ファーストダンスと対象に「ラスト(最後の)・ダンス」も存在します。こちらは新婦のご家族と新婦が一緒に「親子」として最後のダンスを踊ります。
このダンスが終わると、ご家族が新郎に娘を渡し、ファーストダンスが始まるのです。結婚式でバージンロードを父親が新郎までエスコートするような意味が含まれています。

 

ウェディング披露宴での魅力

海外では、ケーキカットと同様に重要なファーストダンス。
日本の結婚イベントでは、まだファーストダンスが浸透していない分、
より特別でユニークなアイテムとなります。
スピーチとは異なった形で、言葉を超える感謝の気持ちを伝えることが出来ます。

ゲストには二人の雰囲気を良く知って頂くチャンスとなり、素敵な写真や映像も残ります。二人の思い出の曲とダンススタイルで、出逢った頃の想いを振り返りながら、結婚の日を祝う。新郎新婦にとっても最高のプレゼントとなることでしょう。

また、ラストダンスでは新婦のご家族と新婦の最後の良き思い出となります。

 

挙式までのステップ

WHO~主役~

1.新郎と新婦によるファーストダンス
2.新婦とご家族によるラストダンス

 

WHERE~会場~

新婦とご家族によるラストダンス
新郎新婦が決めた結婚式・レセプションの会場に合わせて振付をしますので、床の広さを特別に手配する必要はありません。

 

PROCESS~プロセス~

カンセリング→曲・振り付けの構成→レッスン→リハーサル→披露宴本番

  1. カウンセリング→テーマを決める(ロマンスor感謝orエンターテイメント、など)
  2. 曲の選択→1曲なのか、2~3曲MIXするか。編集を試聴
  3. 振付け→新婦ドレス&フロアサイズ&ダンスタイプを考慮した上で、振付
  4. レッスン→スクールに通って、ダンスレッスン(別々にお越し頂いても構いません)
  5. リハーサル→スタジオでのリハーサル
  6. 披露宴本番

 

PERIOD~期間~

一般的な例

週に1回/1レッスン
<時間> 50分 <期間> 2ヶ月半

お忙しい方には

週に1回/1.5レッスン
<時間> 1時間15分<期間> 1ヶ月

  • カップルにより、必要になるレッスンの数は、大幅に異なります。 (曲の長さ、振付けのこだわり、カップルがご一緒にレッスンを受けられるかなどにより期間が異なるため。)
  • ファーストダンスのみ、又は、ラストダンスのみのご要望もお受けいたします。
  • 誰でもファーストダンス/ラストダンスは踊れますので、ダンス初心者の方でも全く心配ありません。

 

ご利用料金

150,000円(税別)~

お好きな曲、おしゃれな振付で踊ることが出来ます。お二人のこだわりやご要望に出来る限りお答えいたしますので、まずはご相談ください。

  • ダンスシューズはご自身でご購入頂く場合がございます。予めご了承ください。(スタジオからご注文もできます)
  • レッスンの回数が10回を超える場合は追加料金を承ります。